マグネットで固定する入れ歯がある

通常の入れ歯

入れ歯を入れることになった時に選択肢で多いのが保険適用される入れ歯でしょう。
金額としても上下合わせて3万程度でできることから、最初の入れ歯として選択する人が多いようです。
部分入れ歯としても保険適用のものを使用する方が多いのですが、実はこの入れ歯自体を装着することができない人もいます。

保険適用の入れ歯の場合は、金具と呼ばれる部分がありその部分が歯茎に当たり痛みが出たり、嘔吐反射が強く出て装着できない人もいるのです。
そのような場合、せっかく作った入れ歯を使用することができません。
しかし諦める必要はなく、昨今では様々な入れ歯から自分に合ったものを選ぶことができるようになりました。

今注目されているのが、マグネット・デンチャーのもので、これは歯茎部分にマグネットを埋め込み磁力によって入れ歯を固定することができるので、ズレる心配もなく安定感もばっちり。
そして金具を必要としない為、歯茎を傷めることも少ないと言われています。
最大の長所が違和感なく使用することができるところにあるでしょう。
ただし、短所としては保険適用されない為自費になってしまうことです。
見た目的にも入れ歯をしているとは気付かれないぐらいだと人気になっています。

さらに、このマグネット・デンチャーを選択した場合、ペースメーカーを装着している人も安心して使用することができます。
マグネットの電磁が影響を与えてしまうのではないかと不安に思う人も多いようですが、特に問題ないとされています。
また、MRI検査の際にもそのままの状態で行うことができます。
まずはレントゲンを使用して、歯や歯茎の状態をしっかり確認することが必要となってきます。
費用としては、マグネット代金とインプラント料金を合わせたぐらいの金額が必要となってしまいますが、インプラントのように埋め込むタイプとは異なり付けはずしが簡単ということで人気です。
ただし、定期的な検診は必要となっていますのでその点だけは注意しましょう。

特に部分入れ歯を装着することになった人にとっては見た目的にも金具部分が見えませんので、自然に見せることができるという長所があります。
若い世代の人にとって見た目はとても大切なものですから、選択の一つとして考えてみることをおすすめします。
短所としては、やはり金額が保険適用のものと比べると高くなってしまうことです。
しかし、各クリニックによってデンタルローンが用意されていることも多いので、そちらを利用して行うこともできるでしょう。
まずは歯科医と相談し、どのようなタイプがあるのかを見本を見せてもらうことをおすすめします。
自分に合った入れ歯を選ぶことは健康的な生活を送る上でとても大切なことです。